司法書士の資格があれば役立つ│債務整理について知ろう

裁判

弁護士に相談

男の人

千葉に住んでいる人が、過払い金を取り戻す手続きをまだ取っていないのであれば、今すぐに弁護士に相談してみることをおすすめします。弁護士は、司法書士のように請求額の制限を受けませんので、確実に過払い金を取り戻してくれます。

この記事を読む

過払い金請求の依頼なら

女の人

過払い金のことでお悩みの方は、杉山事務所に相談するといいでしょう。金融機関との問題をスピーディーに解決し、相談内容も極秘で対応してくれます。また、様々な実績を持っているので、安心して依頼することができるでしょう。

この記事を読む

経営感覚のある事務所を

裁判

経営を支える

横浜の中小企業経営者の方々の中には、社労士は、労働法に基づいて行動するため、労働者を守る側だ、労働関係や社会保険関係の書類作成を行なうだけだ、というイメージをお持ちの方も少なくないことと思われます。しかし、社労士の役割は、中小企業の支える立場にあります。行政へ提出するさまざまな書類作成を行なうだけではなく、労働法などのトラブルを未然に解決する立場ですから、むしろ経営者を支える立場にあります。また、近年では人材育成や採用に関するアドバイスを行ったり、幹部育成のセミナーを実施したり、助成金を手に入れ金銭面でバックアップを行なうなど、効率の良い経営を支える社労士も増加しています。企業が集中する横浜ですから、自然と社労士の数も多くなっています。経営に強くさまざまなコンサルティングを行なう社労士も少なからず見られます。

経営に強い

近年では、ブラック企業などのキーワードが話題となり、労働基準監督署のチェックが入り、是正勧告が出されるようなケースが多く見られます。横浜市も例外ではなくチェック体制は強化されています。同業種で問題が生じたり、内部告発が起きたりとチェックの理由は様々です。このチェックは、業務改善のチャンスとも取れます。確かに横浜市内で展開している社労士のほとんどは、労働基準監督書のチェックに対応することが出来ます。しかしながら、社労士の中には経営については素人という方もいらっしゃいます。経営に強い社労士は、今後の従業員との良い関係を構築するためのシステム作り、従業員のやる気を高め、結果として業務効率を高めるシステム作り行なうことが出来ます。数ある横浜市内の社労士の中で、経営感覚のある社労士を選ぶことで、上手のコミュニケーションをとることができ、経営サイドに立つ強い味方を得ることが出来ることでしょう。

借金を減らす

債務整理とは司法書士事務所が行なう借金を整理することです。債務整理には過払い金請求、任意整理、自己破産、個人再生という4つの方法があります。この方法を行なうことによって債務整理を行なうことが出来ますが、それぞれにメリットとデメリットがあるので司法書士や弁護士と相談して、負担がない方法で債務整理をしましょう。

債務で困っている時には

夫婦

債務を返済している方の中には、過払い金請求の対象になっていることがあります。もし、そんな心当たりがあるのならば、杉山事務所に相談してみると良いでしょう。実績豊富な杉山事務所ならば、債務状況を判断した上で、スムーズな過払い金請求を行ってくれるため便利です。

この記事を読む